「18歳の意識調査 第3回 恋愛・結婚観」の調査結果

公益財団法人 日本財団が「18歳の意識調査」の第3回「恋愛・結婚観」の調査結果を発表しています。

調査は17~19歳の未婚男女が対象です。では早速結婚願望について見てみましょう。

 
あなたは将来、結婚したいと思いますか?

 
こちらの調査結果グラフは、全体の他、性別や恋人の有無や希望、将来子どもが欲しいか否かといった、それぞれの回答者毎に結婚願望の有無を出したものです。

まず全体では約75%が「結婚したい」という回答でした!

 
そして注視いただきたいポイントとしましては、青い囲い・矢印の箇所、恋人が「ほしくない」という回答の方の約40%が「結婚したい」という回答でした。

これは「付き合うなら結婚する人と」。または「恋愛は面倒だが結婚はしたい。」という考えの方が少なくないのかもしれません。

 
次はピンクの囲いと矢印の箇所。子どもが「ほしい」という回答者では約90%が「結婚したい」。逆に子どもが「ほしくない」という方は20%を割り込んで17.5%しか「結婚したい」という回答がありませんでした。

日本は結婚していない女性が産む子ども「婚外子」の割合が約2%(フランスやスウェーデンでは50%以上_OECD「Familiy Database」2014年より)で、結婚しないとほぼ子どもを産まない国です。この結果は17~19歳という年代でも結婚=出産・子どもという傾向の考えであることが顕著に表れた結果となっています。

 
そして黄色の囲い・矢印です。「自分が育った家庭と同じような家庭を築きたいと思うか」という問いに対して、「思う」と答えた方は約90%が「結婚したい」と回答しています。しかし「思わない」と回答した方では、約30%減の60%という結果でした。

その方が育った家庭環境が、後に自身の結婚願望にも大きく影響している可能性が見られる結果となっています。

 
これまでご紹介してきた調査結果では、男女での結婚願望というものが多かったですが、今回の調査結果のように様々な回答毎に結婚願望を聞いてみると、大変興味深い結果となっています。

ここで更に、なんでこの回答だと結婚願望が低いのか、といった点を掘り下げていくと昨今の未婚率の上昇や生涯未婚率の上昇について、何か新しく見えてくる要因があるかもしれません。

JLCA通信(平成31年2月号)を発行しました!

「JLCA通信 2月号」を発行しました!

 
JLCA通信(平成31年2月号)

 
2月号では以下の記事を掲載しております。

1 事例解説 結婚相談所のトラブルと対策 第47回 ~消費者からのお願いに対して~
2 「18歳の意識調査 第3回 恋愛・結婚観」の調査結果

 
2月号の事例解説は「消費者からのお願いに対して」をお届けしています。

様々な方が結婚相談所を利用していますが、入会時に様々なお願いをする方がいらっしゃいます。

今回の記事では、このようなお願いに対して、事業者が良かれと思って対応した結果、自身に仇となってしまった事例をご紹介しています。

ちょっと驚く内容ですが、このようなトラブルに巻き込まれてしまわないよう、皆さんくれぐれもお気を付け下さい。

 
そして日本財団が発表しました「18歳の意識調査 第3回 恋愛・結婚観」をご紹介しています。

この調査は、結婚願望はあるか?という問いに対して、性別や恋人の有無、子どもは欲しいかといった、それぞれの回答毎に結果を集計している、大変面白い内容になっています。

この結果を見ると、結婚願望を構成する様々な背景を垣間見ることができるのではないでしょうか。

こちらも是非ご覧になってみて下さい!

 
先月1月号の事例解説「成婚と成婚料」では多くの反響を頂戴しました。また電話でのお問い合わせも頂戴し、紙面だけでは中々お伝えしきれていない点のお話しもさせていただきました。

JLCAでは紙面へのご質問を常時お受け付けしております。何かご不明な点や気になる点がありましたら、是非ご遠慮なくお問い合わせ下さい!

 
お問い合わせはコチラまで

次号も是非ご覧ください!

JLCA通信(平成31年1月号)を発行しました!

2019年、最初のJLCA通信「JLCA通信 1月号」を発行しました!

 
JLCA通信(平成31年1月号)

 
1月号では以下の記事を掲載しております。

 
1 JLCA理事長より新年のご挨拶
2 事例解説 結婚相談所のトラブルと対策 第46回 ~成婚と成婚料~
3 「マル適マークCMS」新規認証発行のお知らせ
4 ベーシック講座の開催について

 
1月号ではまず、JLCA理事長の原口から皆様へ新年のご挨拶をお届けしております。

 
そして2019年最初の事例解説は「成婚と成婚料」について掲載しております。10年以上に渡って発生している、もはら業界では毎年コンスタントに起きるトラブルと、その対策について新たな注意点を掲載しております。

「婚活」や「結婚相談業」が広く知られるようになって久しいですが、まだまだ私達から利用される消費者の方へ詳しい説明が必要であったり、更に誤解のないよう注意を促さなければならないことが多くあります。

これまでトラブルがあまり起きていないような点でも、最近になって新たにトラブルとなっている事がありますので、今号をご覧いただき、改めてトラブル予防の取り組みを継続していくことの重要性について、お考えいただければと思います。

 
また新たに認証発行となりました事業所のご紹介と、2019年最初のベーシック講座日程も掲載しております。

ベーシック講座は昨年大幅にリニューアルとしまして、より一層日々の業務にかかわる法律の注意点や、結婚に関する最新データについて解説しております!まだ受講されていない方は、是非受講をご検討下さい!

 
引き続き紙面について何かご不明な点や、その他疑問に思われることなどありましたら、事務局までお気軽にお問い合わせ下さい。
本年もJLCA、そしてJLCA通信を何卒よろしくお願い申し上げます。

 
お問い合わせはコチラまで

 
次号も是非ご覧ください!

年末年始休業のお知らせ

日頃より当協会の活動にご理解、ご支援をいただきありがとうございます。

当協会では誠に勝手ながら、年末年始の下記期間を休業とさせていただきます。

□ 休業日
 平成30年12月29日(土)~平成31年1月3日(木)
 (※通常受付開始日  平成31年1月4日(金))

■ 休業期間中のメール・FAXでのお問い合せについて
 休業日に頂きましたFAX・メールへのご返答は、平成31年1月4日(金)以降から順次行ってまいります。

■ 休業期間中のお電話でのお問い合せについて
 休業日、お電話でのお問い合わせは受付できません。
 お手数ですが平成31年1月4(金)以降にお問い合わせいただけますよう、お願い致します。

期間中はご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後とも日本ライフデザインカウンセラー協会を宜しくお願い申し上げます。

敬具

「人生100年時代の結婚に関する意識と実態」の調査結果

明治安田生活福祉研究所が40~65歳の男女を対象に行った「人生100年時代の結婚に関する意識と実態」の調査結果を発表しました。

まずは40~65歳の男女に未婚化の理由と背景について聞いた結果です。

 
未婚化の理由と背景は?

 
男女ともに「➀・・・結婚を望まない人が増えてきたから」という回答がトップになっています。男女での回答差が大きなものを見てみますと、➁の雇用・収入が良くないからという回答は男性がやや多く、やはり女性は➃の結婚・出産後に働き続ける環境が十分でないというものが、特にお子さんをお持ちの女性で多くなっています。

この結果を見てみますと、トップが結婚に対する価値観の変化(あくまで選択肢の一つである)を表しており、➁・➃では社会・環境に対する不安や不満、そして➂・➄ではそもそも出会いが少ない!交際が苦手!といった構成となっています。

価値観の変化については、以前は就職➝結婚➝子育てといった人生の流れが当然のように見られていた時代から、多様な価値観をもって生きていく時代となってきたことが感じられます。

社会の環境については、毎年未婚化・晩婚化、少子化が重大な社会問題として認識される中、現在改善に向けて様々な取り組みが会社や行政によって行われています。これらの取り組みが進んでいくことで改善される可能性があるのではないでしょうか。

そして出会い・交際については、社会の変化によって昔と異なり社会や企業などで出会いや結婚を取り持ってくれる存在が無くなった今、正に「婚活」が鍵となっているのではないでしょうか。交際については結婚相談所では相談に乗ったり、アドバイスをしてくれる仲人・カウンセラーがおりますので、結婚相談所で供給可能なサービスとなっています。以前と比べ結婚相談所の認知度は高まってきましたが、今後は詳しいサービス内容についても周知していくことが大切になってきそうです。

 
次は結婚に求めらえる役割はどのようになっていくのか、聞いた結果です。

 
結婚に求められる役割は?

 
トップが「経済的な安定」となっています。

共働きが多くなった今、家計をどちらからの収入のみによって考えるのではなく、夫婦とも働く2人の収入によって家計を構成することや、主に出産、そして子育てによって離職する事が多い女性にとっては特に重要な役割と考えられているようです。

➁は家族形成となっています。➀との関係性を考えると、先に安定した収入があって次に出産・子育てを考える。という優先度の順番になっているように見られます。

そして➂は相談・癒しの場を得られるのが結婚の役割という回答です。婚外子の割合が低い日本においては、結婚をしない場合、家族が形成されず、将来的に孤独となってしまう可能性が高いですので、結婚は人生のパートナーを形成する重要な役割を担っているという回答となっています。

 
40~65歳の男女に聞いた結婚に関する意識と実態の調査いかがでしたでしょうか。

結婚に求められる役割が決して軽いものではないと思われる回答が多い中、今回の未婚化の理由・背景を今後も引き続き解決に向けて取り組んでいくことで、結婚や出産が増えていくのではないでしょうか。

ベーシック講座 平成31年3月までの開催日程を公開しました

「ライフデザインカウンセラー ベーシック講座」平成31年度 3月までの開催日程を公開しました!

 
開催日程は以下になります。

 
【東京】
1/18(金)・1/29(火)・2/6(水)・2/28(木)・3/7(木)・3/26(火)

 
【大阪】
3/15(金)

 
ベーシック講座のご案内_20181217

 
講座の内容、開催日程などご質問がありましたら、事務局までお気軽にお問い合わせ下さい。

 
○FAXでのお申し込み
“ベーシック講座のご案内”にある申込書に必要事項を記入し、
03-4333-0446」まで“必要事項”をご記入の上、お送り下さい。

 
○インターネットからメールでお申し込み
お申し込みはコチラから
上の「お申し込み」をクリックして頂き、必要事項ご入力の上「確認」ボタンを選択して下さい。

マル適マークCMS 新規認証発行のお知らせ

12月4日にマル適マークCMS認証発行の最終審査を行う審査委員会が開催され、新たに13事業所に対してマル適マークCMSが認証発行されました!

 
結婚相談業を取り巻く状況は、日本国の未婚者増とともに「婚活」が「結婚」する際の選択肢の一つとして定着しつつあります。

 
しかし一昨年に消費者契約法、昨年は個人情報保護法、特定商取引法が改正され、結婚相談業に注目が集まり、認知度が高まるとともに社会的責任もまた大きくなってきています。

社会的責任が大きくなるということは、それだけ業界のコンプライアンス遵守が求められる状況にあるということです。

 
マル適マークCMSは実際に事業者にお伺いする実地審査において、消費者の方と交わす契約書面の内容や個人情報の保管状況など、数々のポイントをチェック・改善指導を行ってます。更にこれまでのトラブル事例等から、より注意すべき事項について詳しくお話しすることで、トラブルを未然に防止するよう取り組んでいます。

 

消費者の皆さまには
結婚相談所をご利用の際は、このような厳しい審査を経て、法令順守、確かな本人確認を行っているマル適マークCMSを取得している結婚相談所のご利用を是非ご検討ください!

 
現在マル適マークCMSを取得している結婚相談所はコチラから
マル適マークCMS 認証事業所一覧

 
結婚相談所の事業者の皆さまには
「マル適マークCMS」は厳しい審査を経て認証発行されるものですが、一番大切なのは、上記にありますようにトラブルの際に法律違反になってしまわないこと。意図せずに法律に違反していた。といったことがないように【改善をする】ことです。
自社のサービスが法律に則って運営されているか?という、確認の機会としても是非ご検討なさってみて下さい。実際にお伺いする審査員が丁寧に法律や改善のポイントについて説明致します。

 
興味のある方は、電話でも質問を受け付けていますので、是非お気軽にお問い合わせ下さい。
電 話 : 070-4333-0446

 
マル適マークCMS 審査の流れや内容につきましてはコチラをクリックして下さい。。


 
「マル適マークCMS」の取得申請を希望される事業者様は、以下をクリックして下さい。
マル適マークCMSの取得申請はコチラ

JLCA通信(平成30年12月号)を発行しました!

「JLCA通信 12月号」を発行しました!

 
JLCA通信(平成30年12月号)

 
1 事例解説 結婚相談所のトラブルと対策 第45回 ~ 個人情報保護方針の意味 ~

2 「人生100年時代の結婚に関する意識と実態」の調査結果

 
今月の事例解説は「個人情報保護方針の意味」です。

ほぼ全事業者の方がホームページに掲載していますが、皆さんなぜ掲載する必要があるかご存知ですか?

昨年の個人情報保護法改正以前は、掲載は「推奨される」ものであったのですが(マル適マーク取得事業者は必須でした。)、改正後は掲載すべき明確な理由が存在します!

紙面をお読みになり、改めて個人情報保護方針の重要性と法的な意義についてご確認下さい。

個人情報保護方針に記載すべき事項などでお悩みの場合は、JLCA事務局までお気軽にお問い合わせ下さい!

 
 
そして明治安田生活福祉研究所が調査した「人生100年時代の結婚に関する意識と調査」をご紹介しています。

まず調査の対象は40~65歳の男女で未婚・既婚・離別(離別・死別)の方達からの12,000の回答を基にしています。

これまで結婚に関する調査というと、若年層で未婚の方を対象にしたものが多かったのですが、本調査では人生100年を見据え、長寿国である日本において今後の結婚に求めらえる役割などについて調査しています。

自身の結婚・再婚は望まない人が多いものの、結婚の重要性や求められる役割については非常に重要であるという回答が多く、非常に興味深い調査結果となっております。こちらも是非お読みになってみて下さい!

 
 
お問い合わせはコチラまで

 
次号も是非ご覧ください!

JLCA通信(平成30年11月号)を発行しました!

「JLCA通信 11月号」を発行しました!

 
JLCA通信(平成30年11月号)

 
1 事例解説 結婚相談所のトラブルと対策 第44回 ~ 中途解約の傾斜配分とは ~

2 東京都が「悪質事業者通報サイト」を刷新

3 マル適マーク更新研修会のお知らせ

 
11月号の事例解説は「中途解約の傾斜配分とは」です。

最近はこのような中途解約の精算方法をする事業者はあまりいらっしゃらないようですが、これまで最もトラブルになり易いものの一つでした。

そもそも傾斜配分とは何なのか。なぜトラブルになり易いのか。トラブルを予防する為には?等々解説しておりますので、現在、またこれから傾斜配分での費用体系を検討されている方は、是非お読みになりトラブル予防についての参考として下さい。

 
次は東京都の「悪質事業者通報サイト」についてご紹介しています。今回の刷新により特定商取引法に定められている誇大広告についての通報も受け付けを開始しています。

消費者がスマホで撮影した広告画像で通報が可能となっている等、誇大広告による被害が増加している中で、行政により相談し易いようバージョンアップされています。

これまで多くの被害があった分、現在行政や消費者の広告を見る目が厳しくなってきています!誇大広告に該当するような広告をしないことはもちろんですが、他との差別化を狙い過ぎた為に誇大広告と見られるような広告となってしまった!といったことがないよう、くれぐれもご注意下さい。

 
そして、現在の研修内容では最後となる、マル適マーク更新研修会の開催日程が決まっております!最後の機会となりますので、皆様是非受講をご検討下さい!

 
お問い合わせはコチラまで

 
次号も是非ご覧ください!

国民生活センターに寄せられた結婚相談業の苦情・問い合わせ件数について

国民生活センターに寄せられた結婚相談業への苦情・問い合わせ件数につきまして、2018年6月30日までの集計結果が公表されています。

 
結婚相談業への苦情・問い合わせ件数_20180630時点

 
これまで減少を続けてきた結婚相談業への苦情・問い合わせですが、なんと今回、大幅15%増で推移しています!

要因としましては、昨年10月に国民生活センターが報道発表を通じて消費者にトラブルの予防を呼び掛けた、未婚者の親を狙ったトラブル増などが影響していると考えられます。

 
そして今回紹介されていた新たな事例は以下です。

 
国民生活センターに寄せられた最近の事例_JLCA通信10月号より

 
これだけですと、どのような問題点があったのかよく分かりかねますが、例えば「ほとんど何もしてくれず」ですが、

これは広告で謳われたサービス内容と異なる場合は「誇大広告」の可能性が。

また入会時にされた説明と異なる場合には「不実告知」の可能性。

そして「解約を申し出ても無視されている。」は「不当な遅延」である可能性があります。

あくまで想定ですが、本件は様々な法律違反を抱えているトラブルである可能性があります。

解約や返金に応じることは当然ですが、広告やサービス内容の説明については、実際と著しく異なるような記載がないか。また消費者がキチンとサービス内容を理解できず、誤認させてしまうようなことにならないよう気を付けること必要です。

    
 

JLCA 安心・安全のPRグッズ販売中

JLCAがお届けするJLCA通信

マル適マークCMS取得の結婚相談所 ご紹介サイト!

結婚相談所ってどんなとこなんだろう?

ページトップ