2019年の出生数が90万人を下回る見通し

昨年末に厚生労働省が2019年の人口動態統計 年間推計を発表しています。

新聞、WEBニュース等々で大きく取り上げられましたが、遂に年間の出生数が90万人を下回る見通しです。

 
人口動態統計 年間推計(出生数) 2019

 
グラフの青い部分は、前述のように将来の出生数を予想したものですが、年々青い部分が大きくなっており、予想を上回るペースで出生数が減少していったいることが浮き彫りとなっています。

 
「予想が甘かったのは・・・?」と思われるかもしれませんが、2017年以前の将来人口推計は今より厳し目の見通しだったのですが、2017年の見直し当時は想定していたよりも合計特殊出生率が高かったり(1.4を下回る予想が1.46)と、今後の見通しに対して明るい数値が見られたことも要因だったのかもしれません。

ところが出生数は予想よりも2年早く90万人を下回る結果となっています。

現在人口が1億人を割り込むのは2053年と予想されていますが、このままいくと人口も予想より早く減少していくかもしれません。

 
人口減少や少子化は日本にとって明るいニュースとは言えないものの、最近では人口減は自然の流れなのでそれを受け入れた上で社会を考えれば良い、という意見もよく見られるようになりました。

将来の人口推移によってどのような社会になるかはまだ予想が難しいものの、現在は

結婚したいと考えているにも関わらず、出会いがない!という理由で結婚出来ない方が多くいらっしゃる。
(しかもほとんどの方が出会いを見つける為の行動を特にしていない・・・。)


詳細はこちらをご覧下さい2019年の少子化社会対策白書が公表されました

直面するこのような問題を一つ一つ解決していくことで、また予想と違う変化を見せるのではないでしょうか。

私達JLCAはまずは「出会い・結婚」から社会貢献するべく、安心・安全な婚活がもっと広がるよう取り組んでまいる所存でおります。

婚活をお考えの際は、安心・安全の証 マル適マークCMSを取得した結婚相談所を是非ご検討下さい!

 
消費者の皆さまには
結婚相談所をご利用の際は、厳しい審査を経て、法令順守、確かな本人確認を行っているマル適マークCMSを取得している結婚相談所のご利用を是非ご検討ください!

 
現在マル適マークCMSを取得している結婚相談所はコチラから
マル適マークCMS 認証事業所一覧

JLCA通信(令和2年1月号)を発行しました!

新年あけましておめでとうございます!

「JLCA通信 1月号」を発行しました!

 
JLCA通信(令和2年1月号)

 
令和2年最初のJLCA通信1月号では以下の記事を掲載しております。

1 JLCA理事長より新年のご挨拶

2 事例解説 結婚相談所のトラブルと対策 第58回 ~確認書の意味と注意点~

3 2019年の出生数が90万人割れへ

4 「マル適マークCMS」新規認証発行のお知らせ

 
令和2年最初のJLCA通信、JLCA理事陵の原口より新年のご挨拶を載せさせていただいております。

 
そして本年最初の事例解説は、急遽予定を変更してお届けしいます「確認書の意味と注意点」です。

「確認書」は普段ほとんど使わないという方が多いと思いますが、それ故に長い間に使い方を忘れてしまったり、勘違いされてしまう方もいらっしゃいます。

中には非常に危険な間違いをしてしまうケースもありますので、皆様新年早々ではございますが、是非ご一読、またお気を付け下さいますよう、お願い申し上げます。

 
そして昨年末に発表されました、人口動態統計、2019年の年間推計では出生数は90万人を下回る見通しとなっております。

2020年も人口減、少子化そして未婚・晩婚の話題に注目が集まりそうです。

 
本年も皆様のお役に立てる情報をお届けできるよう取り組んでまいりたいと思いますので、JLCA通信 2020年も何卒宜しくお願い申し上げます!

 
 
お問い合わせはコチラまで

次号も是非ご覧ください!

統計が語る平成のあゆみ

今年の4月末で平成が終わり、新しい令和の時代となりました。

令和になって早7ヶ月、令和元年も終わろうとしていますが、改めて平成の約30年間を総務省が公表している「統計が語る平成のあゆみ」から、少しですが振り返ってみましょう。

 
平成30年間の総人口及び年齢別人口割合の推移

 
まずは人口です。現在政府の予想を超える早さで人口が減少していますが、平成は正に人口の増加から減少への変化を迎えた時代でした。

同時に人口の割合においては、人口の高齢化と若い世代の減少、少子化が顕著に表れています。

毎日のように人口減少や少子化の危機が取り沙汰されている現在から見ると、平成20年までは人口が増加し続けていたというのは、遠い過去の出来事だったような気がしてしまいます。

 
20~39歳の未婚率の推移

 
次は未婚率です。

男性も未婚率は上昇傾向、特に35~39歳の上昇率が大きいですが・・・

平成の30年間では女性の未婚率の上昇が顕著になっています。

30年間で25~29歳では約1.5倍!30~34歳は2倍以上!35~39歳では何と3倍にまで上昇しています。

男女雇用機会均等法の施行から女性の社会進出が大幅に進みましたが、現在は女性のキャリアと結婚・出産との両立が大きな課題となっています。

しかしここ数年は上昇率の伸びに鈍化が見られ、今後の令和での動きが注目されます。

 
一週間の夫・妻の家事・育児時間の推移

 
最後は、その女性のキャリアと結婚・出産を支える役割として、今後少子化対策の一環である夫の家事・育児への参画に関する調査結果です。

平成の30年間で・・・夫も家事・育児に参加するなっているのでしょうか・・・?

あまりに微妙な上昇で何とも言えませんが、減っていないだけマシと言えばよいのか悩ましいところです。

対して妻の育児時間が増大しています。幼児保育の無償化など施策が打ち出されていますが、令和で今後どのように変化していくのでしょうか。

また家事時間は減少していますが、これは便利な調理済の食品・冷凍食品を始めとする、お母さんを少しでも楽に、というこの30年間で開発された様々な商品ラインナップのお陰かもしれません。

 
ほんの少しですが、平成の30年間を統計から振り返ってみました。

もうすぐ令和2年を迎えますが、改めて今年終えた平成の30年間を振り返ってみて、皆様はいかがでしたでしょうか。

年末年始休業のお知らせ

日頃より当協会の活動にご理解、ご支援をいただきありがとうございます。

当協会では誠に勝手ながら、年末年始の下記期間を休業とさせていただきます。

□ 休業日
 令和元年12月28日(土) ~ 令和元年1月5日(日)
 (※通常受付開始日  令和元年1月6日(月))

■ 休業期間中のメール・FAXでのお問い合せについて
 休業日に頂きましたFAX・メールへのご返答は、令和元年1月6日(月)以降から順次行ってまいります。

■ 休業期間中のお電話でのお問い合せについて
 休業日、お電話でのお問い合わせは受付できません。
 お手数ですが令和元年1月6日(月)以降にお問い合わせいただけますよう、お願い致します。

期間中はご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後とも日本ライフデザインカウンセラー協会を宜しくお願い申し上げます。

敬具

マル適マークCMS 新規認証発行のお知らせ

安心・安全の結婚相談所の証 マル適マークCMSの認証を発行を最終審査する「審査委員会」を12月26日に開催しました。最終審査の結果、この度は新たに7事業所に対して認証発行されました!

 
内閣府の「2019年版 少子化社会対策白書」にある、「少子化社会対策に関する意識調査」では「結婚に必要な状況」は以下のようになっています。

 
結婚に必要な状況

 
「異性と知り合う機会があること」、「希望の条件を満たす相手にめぐり会うこと」といった回答が多いことが分かりますが、更に「何か具体的な行動をしていますか?」と聞いたところ・・・

 
具体的な相手を探すための行動

 
なんと!男性が約70%、女性も約50%が「特に何も行動を起こしていない」という回答結果でした!

 
結婚したい、けれど特に何もしていない、という方には是非結婚相談所をご利用いただきたいと思いますがどの結婚相談所を利用するのが良いのか。お悩みの際には、

「マル適マークCMS」取得の結婚相談所をご検討下さい!

 
マル適マークCMSは消費者の方が安心して、安全に婚活できるよう、特定商取引法、個人情報保護法、消費者契約法等、結婚相談所が順守しなければならない各法律に基づきながら、これまで業界で発生したトラブルなどの予防も反映した観点で厳しく審査・改善された事業所に発行されています!
 

消費者の皆さまには
結婚相談所をご利用の際は、厳しい審査を経て、法令順守、確かな本人確認を行っているマル適マークCMSを取得している結婚相談所のご利用を是非ご検討ください!

 
現在マル適マークCMSを取得している結婚相談所はコチラから
マル適マークCMS 認証事業所一覧

 
結婚相談所の事業者の皆さまには
「マル適マークCMS」は厳しい審査を経て認証発行されるものですが、一番大切なのは、上記にありますようにトラブルの際に法律違反になってしまわないこと。意図せずに法律に違反していた。といったことがないように【改善をする】ことです。
自社のサービスが法律に則って運営されているか?という、確認の機会としても是非ご検討なさってみて下さい。実際にお伺いする審査員が丁寧に法律や改善のポイントについて説明致します。

 
興味のある方は、電話でも質問を受け付けていますので、是非お気軽にお問い合わせ下さい。
電 話 : 070-4333-0446

 
マル適マークCMS 審査の流れや内容につきましてはコチラをクリックして下さい。。


 
「マル適マークCMS」の取得申請を希望される事業者様は、以下をクリックして下さい。
マル適マークCMSの取得申請はコチラ

ベーシック講座 令和2年3月までの開催日程を公開しました

結婚相談業の基礎スキルを習得する「ライフデザインカウンセラー ベーシック講座」令和2年 3月までの開催日程を公開しました!

 
ライフデザインカウンセラー ベーシック講座のご案内
※画像をクリックすると詳細なご案内が表示されます。

 

開催日程は以下になります。

 
【東京】
1/16(木)・1/28(火)・2/13(木)・2/21(金)・3/12(木)・3/25(水)

 
【大阪】
3/6(金)

 
講座の内容や受講に関してのご質問がありましたら、事務局までお気軽にお問い合わせ下さい。

 
○インターネットからメールでお申し込み
お申し込みはコチラから
上の「お申し込み」をクリックして頂き、必要事項ご入力の上「確認」ボタンを選択して下さい。
 

 
○FAXでのお申し込み
“ベーシック講座のご案内”にある申込書に必要事項を記入し、
03-4333-0446」まで“必要事項”をご記入の上、お送り下さい。

JLCA通信(令和元年12月号)を発行しました!

「JLCA通信 12月号」を発行しました!

 
JLCA通信(令和元年12月号)

 
今年最後のJLCA通信12月号では以下の記事を掲載しております。

1 事例解説 結婚相談所のトラブルと対策 第57回 ~親が関係するトラブル~

2 統計が語る平成のあゆみ

 
事例解説は、最近また増えてきております、親が関係するトラブルです。

子どもが未婚なのが心配で心配で、子どもに結婚について話したりするもの本人はなにもしない。

相手がいれば結婚を直視するのでは…と、親御様のみで結婚相談所を訪れる、または問い合わせをされる事がしばしばあります。

しかし、親御様とのみ先に契約してしまうと、そこから発生するトラブルがあります!

是非事例をお読みになり、ご自身がトラブルに巻き込まれないよう、お気を付け下さい!

 
今年は令和が始まった年ですが、同時に平成が終わった年でもあります。

そこで総務省が発表した「統計が語る平成のあゆみ」から、一部ご紹介しております。

平成は約30年ありましたが、その間どのように様々なものが変化していったのか。現在に至る、また現在ある問題はいつ頃から顕著になったのか等を掲載しております。

ご自身の平成を振り返りながら、こちらも是非お読みになってみて下さい。

 
 
今年最後のJLCA通信となりました。本年も様々なトラブル事例や情報をお届けしてまいりましたが、引き続き来年も皆様のお役に立てるよう、様々な情報をお届けしたいと思います!
来年もJLCA、JLCA通信を何卒宜しくお願い申し上げます!

 
お問い合わせはコチラまで

次号も是非ご覧ください!

令和効果で5月の婚姻件数が2倍に! ~人口動態統計速報より~

平成から令和となり、先月は即位礼正殿の儀、そして今月には祝賀御列の儀が行われました。

そしてそれより少し前、5月1日に元号が令和に変わりました。

実はこの改元に伴い、世の中で大きな動きが一つ起きています。

なんと・・・

 
令和効果 婚姻件数例年の2倍!

婚姻件数が例年の2倍となっています!

改元による「令和婚」の影響がこんなにハッキリと出ていました。

新聞などでは婚姻届を提出する為に深夜から行列ができていた様子や、行政側も記念パネルを設置して写真撮影をするといった様子が伝えられています。

また若いカップルだけかと思いきや、60代や80代で入籍されていなかった方も「これを機に・・・」と婚姻届を提出なさった方が少なからずいらっしゃったようです。

 
婚姻件数自体は年々減少傾向なのですが、何かキッカケがあれば結婚するという方が、実は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

また結婚を希望している方も、令和をキッカケに結婚相談所での婚活をスタートする方が増えてくれればと思います。

その際には是非マル適マークCMSを結婚相談所選びのご一助に活用下さい!

JLCA通信(令和元年11月号)を発行しました!

「JLCA通信 11月号」を発行しました!

 
JLCA通信(令和元年11月号)

 
11月号では以下の記事を掲載しております。

1 事例解説 結婚相談所のトラブルと対策 第56回 ~なぜ中途解約は2つあるのか~

2 人口動態統計速報が発表されています

 
事例解説は中途解約についてです。

なぜ中途解約は2つあるのか?2つの分かれ目は?等々を事例とともに解説させていただいております。

特にクーリング・オフを過ぎて、役務提供前の中途解約について、普段は中々そのような状況となるケースはないかもしれませんが内容をお読みになり、普段から対応できるようご注意下さい。

 
そして今回は改元による令和婚の影響について、人口動態統計の速報値からどれほどの影響であったのかご紹介しています!

紙面では年に何回か人口動態統計についてご紹介しておりますが、今回は各数値の月毎の変化が見られる速報値をご紹介しています。

令和婚の影響、ちょっと驚く結果となっておりましたので、こちらの是非お読みになってみて下さい!

 
またこれらのデータや、様々な事例とともにトラブル対策、クレーム対策スキル等について学べる、マル適マークCMS 更新研修会 2019年版!引き続き各地の開催で参加を募集しておりますので、参加ご希望の方や研修の内容について等、是非お気軽にお問い合わせ下さい!

 
お問い合わせはコチラまで

次号も是非ご覧ください!

国民生活センターに寄せられた結婚相談業の苦情・問い合わせ件数について

国民生活センターに寄せられた、結婚相談業への苦情・問い合わせ件数につきまして、6月30日時点では以下のようになっております。

 
結婚相談業への苦情・問い合わせ件数_20190630時点

 
2018年の件数が確定しつつありますが、何と前年比増となってしまいました!

2010年から連続で前年よりも減少して推移してきましたが、ここにきて増加というのは非常に残念です。

増加の要因として予想されるのは、一昨年国民生活センターから消費者に注意喚起報道があった「親との契約締結」。また昨今の紹介事例に多い「サービスの説明・理解不足」から起きたと思われるトラブルです。

 
2019年の件数は今のところ前年同期よりも約14%減となっておりますが、2018年のように前年よりも多い件数とならないよう注意が必要です。

特に消費者にはサービスの内容や提供のタイミング、費用と解約時の返金など、しっかりと説明することがトラブルの予防に繋がります。

 
また利用される消費者の方は費用の支払いや返金について、結婚相談業独自の「休会」と「休会時の費用」について等、特に費用に掛かる部分については、契約時などにしっかりと確認をされてみて下さい。

    
 

JLCA 安心・安全のPRグッズ販売中

JLCAがお届けするJLCA通信

マル適マークCMS取得の結婚相談所 ご紹介サイト!

結婚相談所ってどんなとこなんだろう?

ページトップ