マル適マークCMS 新規認証発行のお知らせ

安心・安全な結婚相談所の証、マル適マークCMSの認証発行発行を最終審査する、審査委員会が4月9日に開催され、新たに25事業所に対して認証発行されました!

 
来月から新元号「令和」になりますが、時代の移り変わりとともに「結婚」を取り巻く状況も大きく変化してきました。

以前は人生ではいつか結婚をするのが当然。といった価値観が多かった時代もありましたが、現在では人生において結婚を「するか」「しないか」を選択することが、結婚に向けた第一歩という時代になりつつあるようです。

 
そして、今の時代は結婚を「する」と決めた後もいくつもの選択肢が存在します。その一つが「婚活」です。

そして更に!「婚活」をどのサービスでするのか。そこから結婚相談所を選んだ場合、どの結婚相談所を利用するのが良いのか。

ここで、私達の「マル適マークCMS」がお役立ていただけます!

 
マル適マークCMSは、特定商取引法、個人情報保護法、消費者契約法等、結婚相談所が順守しなければならない各法律に基づきながら、これまで業界で発生したトラブルなどの予防も反映した観点で、消費者の方が安心して、安全に婚活できるよう審査し、全て改善した事業所に発行されています!
 

消費者の皆さまには
結婚相談所をご利用の際は、厳しい審査を経て、法令順守、確かな本人確認を行っているマル適マークCMSを取得している結婚相談所のご利用を是非ご検討ください!

 
現在マル適マークCMSを取得している結婚相談所はコチラから
マル適マークCMS 認証事業所一覧

 
結婚相談所の事業者の皆さまには
「マル適マークCMS」は厳しい審査を経て認証発行されるものですが、一番大切なのは、上記にありますようにトラブルの際に法律違反になってしまわないこと。意図せずに法律に違反していた。といったことがないように【改善をする】ことです。
自社のサービスが法律に則って運営されているか?という、確認の機会としても是非ご検討なさってみて下さい。実際にお伺いする審査員が丁寧に法律や改善のポイントについて説明致します。

 
興味のある方は、電話でも質問を受け付けていますので、是非お気軽にお問い合わせ下さい。
電 話 : 070-4333-0446

 
マル適マークCMS 審査の流れや内容につきましてはコチラをクリックして下さい。。


 
「マル適マークCMS」の取得申請を希望される事業者様は、以下をクリックして下さい。
マル適マークCMSの取得申請はコチラ

JLCA通信(平成31年4月号)を発行しました!

「JLCA通信 4月号」を発行しました!

 
JLCA通信(平成31年4月号)

 
3月号では以下の記事を掲載しております。

 
1 事例解説 結婚相談所のトラブルと対策 第49回 ~中途解約への規制


2 第10回「日本人の意識」調査結果

 
4月号の事例解説は「中途解約への規制」です。

「中途解約の申し出を見落としてしまった・・・!」というトラブルから、法律に違反するような中途解約への規制をしてしまった事例をご紹介しています。

キチンと中途解約の記録を残す為に、またしっかり活動して是非成婚してもらいたいから!と理由は様々ですが、このような動機であったとしても、法律に違反してしまうことがありますので、事業者の皆様は是非ご一読いただきたいと思います。

 
またNHK放送文化研究所が発表しております「日本人の意識」の調査結果から、結婚に関連する調査結果をご紹介しております。

調査結果は、やはり「結婚」から離れている方が多い。と見えますが、100%そうとは言いきれない理由と、なぜ言いきれないのか等、他の調査結果との比較や違いなどについても掲載しています。

今後も結婚や少子化、人口減などについて様々な調査結果が発表され、紙面でもご紹介していくと思いますが、今回掲載させていただいた内容をふまえながら見ていただくと、より一層調査結果を興味深くご覧いただけると思います。

 
お問い合わせはコチラまで

次号も是非ご覧ください!

ベーシック講座 平成31年6月までの開催日程を公開しました

「ライフデザインカウンセラー ベーシック講座」平成31年度 6月までの開催日程を公開しました!

 
開催日程は以下になります。

 
【東京】
4/10(水)・4/23(火)・5/10(金)・5/21(火)・6/4(火)・6/26(水)

 
【大阪】
6/14(金)

 
ベーシック講座のご案内

 
講座の内容、開催日程などご質問がありましたら、事務局までお気軽にお問い合わせ下さい。

 
○FAXでのお申し込み
“ベーシック講座のご案内”にある申込書に必要事項を記入し、
03-4333-0446」まで“必要事項”をご記入の上、お送り下さい。

 
○インターネットからメールでお申し込み
お申し込みはコチラから
上の「お申し込み」をクリックして頂き、必要事項ご入力の上「確認」ボタンを選択して下さい。

2018年の人口動態統計 年間推計が公表されています

厚生労働省が2018年の人口動態統計 年間推計を公表しています。

まずは出生数の推計から見ていきましょう。

 
出生数の推移(2018年年間推計)

 
2018年も統計開始(明治32(1899)年)以来、過去最少を更新する見通しとなっています。前年よりも2万5千人減となり、3年前に100万人を下回ってから更に90万人代も割り込むこともそう遠いことではなさそうです。

減少を続ける出生数ですが死亡数は増加を続け、以下の人口の自然減(出生数が死亡数を下回った数)は過去最大となる見通しです。

 
人口の自然減数の推移(2018年年間推計)

 
この年間推計について厚生労働省は「未婚でも子供が欲しいという人は多い。出産や子育て支援など子供を持ちたい人が持てる政策を進める必要がある。」と述べています。

未婚で子供が欲しい方への支援も今後の日本で重要になってきますが、現状日本の婚外子(未婚の女性が出産した子ども)の割合は、年間に生まれる子どもの内、約2%(OECD「Familiy Database」より)と諸外国と比べて低い割合となっています。

これを逆に見てますと…実に98%が両親の結婚を経て生まれていることになります。

出生動向基本調査では18~34歳の男女の約90%が「いずれ結婚するつもり」という回答結果からも、結婚したいと思いながら、現在未婚の方の結婚をもっと支援するような取り組みも、これら少子化や人口減という大きな社会問題にも有効なのではないでしょうか。

このような中、残念ながら婚姻件数は過去最低の59万件(前年比1万6千人減)となる見通しです。

結婚を支援する様々な取り組みやサービスも日々見られますが、結婚を考える未婚の男女に、独身証明書等、様々な証明書類を取得している安心・安全な結婚相談所をより多くご利用いただければ、こららの社会問題の一助となるかもしれません。

JLCA通信(平成31年3月号)を発行しました!

「JLCA通信 3月号」を発行しました!

 
JLCA通信(平成31年3月号)

 
3月号では以下の記事を掲載しております。

1 事例解説 結婚相談所のトラブルと対策 第48回 ~特定商取引法に出てくる金額~

2 事例解説へのお問い合わせに回答します

3 2018年の人口動態統計 年間推計

 
3月号の事例解説は「特定商取引法に出てくる金額」です。

特定商取引法のはいくつかの金額が出てきます。例えば特定商取引法に規定される条件であったり、解約の際に消費者に請求できる金額であったりです。

しかし、この金額について様々な誤解や解釈の間違いが見られることがあります。こちらはただの間違いであっても、消費者からすると「騙そうとしたのでは?!」となってしまったり、法律違反となってしまう可能性もありますので、是非今号をお読みいただき、お間違えのないようお気を付け下さい!

 
そして2月号の内容について、ご質問をいただきました。

今回は同じご質問を複数頂戴しておりましたので皆様にもご覧いただけるよう、回答内容を紙面にも載せさせていただきました。

今後も何かご不明な点や、気になった点などお気軽にご指摘、お問い合わせ下さい!

 
3つ目は厚生労働省が公表した、2018年の人口動態統計 年間推計です。

2018年の出生数や婚姻件数は減少が続き、人口の自然減数は増えていっています。

引き続き日本の少子化、人口減少問題は引き続き深刻化を増していく見通しとなっています。

 
お問い合わせはコチラまで

次号も是非ご覧ください!

マル適マークCMS認証の停止解除について

「結婚相手紹介サービス業認証制度に関するガイドライン」(以下、「ガイドライン」という。)及び「結婚相手紹介サービス業認証制度運用規程」(以下、「運用規程」という。)に基づき、マル適マークCMS認証を停止としておりました事業者について、審査員による厳正な再審査の結果、認証停止を解除することとしました。

詳細につきましては以下をご覧下さい。
マル適マークCMS認証の停止解除について

「18歳の意識調査 第3回 恋愛・結婚観」の調査結果

公益財団法人 日本財団が「18歳の意識調査」の第3回「恋愛・結婚観」の調査結果を発表しています。

調査は17~19歳の未婚男女が対象です。では早速結婚願望について見てみましょう。

 
あなたは将来、結婚したいと思いますか?

 
こちらの調査結果グラフは、全体の他、性別や恋人の有無や希望、将来子どもが欲しいか否かといった、それぞれの回答者毎に結婚願望の有無を出したものです。

まず全体では約75%が「結婚したい」という回答でした!

 
そして注視いただきたいポイントとしましては、青い囲い・矢印の箇所、恋人が「ほしくない」という回答の方の約40%が「結婚したい」という回答でした。

これは「付き合うなら結婚する人と」。または「恋愛は面倒だが結婚はしたい。」という考えの方が少なくないのかもしれません。

 
次はピンクの囲いと矢印の箇所。子どもが「ほしい」という回答者では約90%が「結婚したい」。逆に子どもが「ほしくない」という方は20%を割り込んで17.5%しか「結婚したい」という回答がありませんでした。

日本は結婚していない女性が産む子ども「婚外子」の割合が約2%(フランスやスウェーデンでは50%以上_OECD「Familiy Database」2014年より)で、結婚しないとほぼ子どもを産まない国です。この結果は17~19歳という年代でも結婚=出産・子どもという傾向の考えであることが顕著に表れた結果となっています。

 
そして黄色の囲い・矢印です。「自分が育った家庭と同じような家庭を築きたいと思うか」という問いに対して、「思う」と答えた方は約90%が「結婚したい」と回答しています。しかし「思わない」と回答した方では、約30%減の60%という結果でした。

その方が育った家庭環境が、後に自身の結婚願望にも大きく影響している可能性が見られる結果となっています。

 
これまでご紹介してきた調査結果では、男女での結婚願望というものが多かったですが、今回の調査結果のように様々な回答毎に結婚願望を聞いてみると、大変興味深い結果となっています。

ここで更に、なんでこの回答だと結婚願望が低いのか、といった点を掘り下げていくと昨今の未婚率の上昇や生涯未婚率の上昇について、何か新しく見えてくる要因があるかもしれません。

JLCA通信(平成31年2月号)を発行しました!

「JLCA通信 2月号」を発行しました!

 
JLCA通信(平成31年2月号)

 
2月号では以下の記事を掲載しております。

1 事例解説 結婚相談所のトラブルと対策 第47回 ~消費者からのお願いに対して~
2 「18歳の意識調査 第3回 恋愛・結婚観」の調査結果

 
2月号の事例解説は「消費者からのお願いに対して」をお届けしています。

様々な方が結婚相談所を利用していますが、入会時に様々なお願いをする方がいらっしゃいます。

今回の記事では、このようなお願いに対して、事業者が良かれと思って対応した結果、自身に仇となってしまった事例をご紹介しています。

ちょっと驚く内容ですが、このようなトラブルに巻き込まれてしまわないよう、皆さんくれぐれもお気を付け下さい。

 
そして日本財団が発表しました「18歳の意識調査 第3回 恋愛・結婚観」をご紹介しています。

この調査は、結婚願望はあるか?という問いに対して、性別や恋人の有無、子どもは欲しいかといった、それぞれの回答毎に結果を集計している、大変面白い内容になっています。

この結果を見ると、結婚願望を構成する様々な背景を垣間見ることができるのではないでしょうか。

こちらも是非ご覧になってみて下さい!

 
先月1月号の事例解説「成婚と成婚料」では多くの反響を頂戴しました。また電話でのお問い合わせも頂戴し、紙面だけでは中々お伝えしきれていない点のお話しもさせていただきました。

JLCAでは紙面へのご質問を常時お受け付けしております。何かご不明な点や気になる点がありましたら、是非ご遠慮なくお問い合わせ下さい!

 
お問い合わせはコチラまで

次号も是非ご覧ください!

JLCA通信(平成31年1月号)を発行しました!

2019年、最初のJLCA通信「JLCA通信 1月号」を発行しました!

 
JLCA通信(平成31年1月号)

 
1月号では以下の記事を掲載しております。

 
1 JLCA理事長より新年のご挨拶
2 事例解説 結婚相談所のトラブルと対策 第46回 ~成婚と成婚料~
3 「マル適マークCMS」新規認証発行のお知らせ
4 ベーシック講座の開催について

 
1月号ではまず、JLCA理事長の原口から皆様へ新年のご挨拶をお届けしております。

 
そして2019年最初の事例解説は「成婚と成婚料」について掲載しております。10年以上に渡って発生している、もはら業界では毎年コンスタントに起きるトラブルと、その対策について新たな注意点を掲載しております。

「婚活」や「結婚相談業」が広く知られるようになって久しいですが、まだまだ私達から利用される消費者の方へ詳しい説明が必要であったり、更に誤解のないよう注意を促さなければならないことが多くあります。

これまでトラブルがあまり起きていないような点でも、最近になって新たにトラブルとなっている事がありますので、今号をご覧いただき、改めてトラブル予防の取り組みを継続していくことの重要性について、お考えいただければと思います。

 
また新たに認証発行となりました事業所のご紹介と、2019年最初のベーシック講座日程も掲載しております。

ベーシック講座は昨年大幅にリニューアルとしまして、より一層日々の業務にかかわる法律の注意点や、結婚に関する最新データについて解説しております!まだ受講されていない方は、是非受講をご検討下さい!

 
引き続き紙面について何かご不明な点や、その他疑問に思われることなどありましたら、事務局までお気軽にお問い合わせ下さい。
本年もJLCA、そしてJLCA通信を何卒よろしくお願い申し上げます。

 
お問い合わせはコチラまで

 
次号も是非ご覧ください!

年末年始休業のお知らせ

日頃より当協会の活動にご理解、ご支援をいただきありがとうございます。

当協会では誠に勝手ながら、年末年始の下記期間を休業とさせていただきます。

□ 休業日
 平成30年12月29日(土)~平成31年1月3日(木)
 (※通常受付開始日  平成31年1月4日(金))

■ 休業期間中のメール・FAXでのお問い合せについて
 休業日に頂きましたFAX・メールへのご返答は、平成31年1月4日(金)以降から順次行ってまいります。

■ 休業期間中のお電話でのお問い合せについて
 休業日、お電話でのお問い合わせは受付できません。
 お手数ですが平成31年1月4(金)以降にお問い合わせいただけますよう、お願い致します。

期間中はご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後とも日本ライフデザインカウンセラー協会を宜しくお願い申し上げます。

敬具

    
 

JLCA 安心・安全のPRグッズ販売中

JLCAがお届けするJLCA通信

マル適マークCMS取得の結婚相談所 ご紹介サイト!

結婚相談所ってどんなとこなんだろう?

ページトップ