「我が国のこどもの数(2020年4月1日時点)」が公表されました


緊急事態宣言の中でありましたが、今年も5月5日のこどもの日にあわせ、総務省が「我が国のこどもの数」を公表しています。

 
我が国のこどもの数

 
こどもの数は前年よりも約20万人の減少となっており、これで39年連続の減少となります。

減少しつづけるこどもの数。各都道府県でも毎年大きく報道されています。
次は都道府県別の人口に占めるこどもの割合です。

 
都道府県別 こどもの数及び割合

 
前年よりも割合が増えた都道府県はありませんが、こどもの数でいうと沖縄県と東京都が前年よりも増えています(2020年4月1日時点)。

このこどもの割合、世界各国と比較してどうかといいますと。

 
各国におけるこどもの割合

 
日本は各国の中でも非常に低い割合となっています。

今年も「少子化社会対策大綱」に不妊治療に保険適用など、これまでになかった施策が取り上げられています。

日本ではまず男女が「結婚する」。その後に「子ども」について夫婦が考える。
というケースが多い国ですので、「結婚」の段階についても更なる施策が待たれます。

その「結婚」を支援する結婚相談業は新型コロナの影響から「オンライン化」が急速に進んでいます。

この国の結婚を最前線で支援する結婚相談業は現在進化を続け、日本の少子化対策としても今後重要な役割を担っていくのではないでしょうか。

ベーシック講座 令和2年7・8月の開催日程を公開しました

新型コロナの影響により、開催を見合わせておりました「ライフデザインカウンセラー ベーシック講座」の再開が決定致しました。

 
ライフデザインカウンセラー ベーシック講座のご案内

 
今回より講座内容を大幅改訂!ボリュームアップ!

特に法律部分については、実際に業界で起きた様々な事例を同時にご覧いただくことで、日々気を付けなければならないポイントをイメージしやすくなっております!

 
今回は会場等の都合により、大阪のみでの開催となります。

 
【大阪】
7/23(木)・8/24(月)

 
新型コロナウイルス対策について

 
講座の内容や受講に関してのご質問がありましたら、事務局までお気軽にお問い合わせ下さい!

 
○お申し込み
お申し込みはこちらから
上の「お申し込みはこちらから」をクリックして頂き、必要事項ご入力の上「確認」ボタンを選択して下さい。

JLCA通信(令和2年6月号)を発行しました!

「JLCA通信 6月号」を発行しました!

 
JLCA通信(令和2年6月号)

 
6月号では以下の記事を掲載しております。

1 事例解説 結婚相談所のトラブルと対策 第63回 ~契約締結で重要な4つの日付~

2 「我が国のこどもの数」が公表されました

3 持続化給付金につきまして

 
今月号の事例解説は、郵送での書面交付に関連して、契約締結に重要な4つの日付です!

概要・契約書面の交付と契約締結、そして4つ目「サービスの提供開始」について重点的に解説をしております。

改めまして契約書面の交付からクーリング・オフ、中途解約の全体像から重要なポイントを含め、分かり易く図でおさらいしつつ事例解説しておりますので、是非ご覧いただき、掲載している事例の点などお気を付け下さい!

 
今年も5月5日のこどもの日に合わせ、総務省が「我が国のこどもの数」を公表しています。

こちらは毎年ご紹介しておりますが、39年連続のこども数減。そして46年連続で総人口に占めるこどもの割合も減少という結果となっています。

少子化が近年更に大きな社会問題として注目を浴び、様々な対策も公表されていますが、まだ少子化を遅らせ、または改善させる成果は得られていません。

 
最後は経済産業省の「持続化給付金」について載せさせていただきました。

新型コロナの影響で「昨年よりも売上が50%以上減少した月がある事業者」に給付される持続化給付金について、対象や必要書類。申請方法について、小さな紙面で可能な限りポイントを載せさせていただきました。

新型コロナはその感染・症状のみならず、経済に対しても大きな影響を与えています。結婚相談業にもその影響は計り知れず、様々なお話しを事業者の皆様より伺います。

本給付金はそのような中において、幅広く事業者の方が事業を継続できるようにする為の制度です。こちらもご一読いただき、該当される月がある場合には、是非紙面をご覧になって見て下さい。

 
緊急事態宣言は解除されましたが、感染がなくなった訳ではございませんおで、皆様引き続き感染されませんよう、手洗い・うがいなどしっかりと行い注意してお過ごし下さい!

次号も是非ご覧ください!

マル適マークCMS認証の取消事業者の公表について

「結婚相手紹介サービス業認証制度に関するガイドライン」(以下、「ガイドライン」という。)及び「結婚相手紹介サービス業認証制度運用規程」(以下、「運用規程」という。)に基づき、対象事業者のマル適マークCMS認証を取消することといたしましたので公表いたします。

 
詳細については以下をご覧ください。
マル適マークCMS認証の取消について

新型コロナウイルスによる婚活の悲劇

現在あらゆるところに新型コロナウイルスによる影響が出ています。

結婚相談業にももちろん大きな影響が出ており、会員のお世話・カウンセリングやお見合いやパーティーもオンラインで開催しているところがあります。

感染を拡大しないよう、他の人との接触は避けたい。でもこんな時だからこそ出会いやパートナーの重要性を感じる・・・。といった方も少なくないようでオンライン婚活は盛況と言っても過言ではないかもしれません。

しかしながら、オンラインだから感染の心配もないし、婚活に全く障害はない!という訳でもないようでして・・・この状況特有の悲劇も起きております。

 
 
新型コロナウイルスによる婚活の悲劇 ①

 
 
相談所で活動し交際をしていた二人が、「このような状況なので暫くお会いするのは控えよう」と連絡し合っていました。

しかし数週間後、にどうしてもお会いしたくなった男性側が「久々にお会いしませんが?」と連絡したところ、

「空気が読めない人とはちょっと・・・。」と、お相手からの申し出で交際終了となってしまいました・・・。

 
相談所の方が「こんな時期で誘うなんて、ちゃんと配慮とか対策とか考えていたんですか?」とお聞きすると「もちろん、消毒のウェットティッシュや行き先も野外で、食べ物もテイクアウトでキチンとしているところを選んで、ちゃんといろいろ考えていました。」とのこと。

しかし「それをお相手に話しましたか?」と更にお聞きしたところ「そこまで細かくは話してません。」

 
「こういうときに価値観が分かる!」という会員もいらっしゃるそうで、確かにそのような面もあるかもしれませんが、誘うときにもう少し丁寧に伝えていれば、仲人・カウンセラーといった結婚相談所の方に相談していれば!と思わずにはいられません。


 
婚活をされている方におかれましては、結婚相談所には婚活についてのカウンセリング、婚活中のご相談、その他様々なアドバイスをする仲人、カウンセラー等々と呼ばれる方がいます。

このような誰も経験したことがないような状況、「お互いに自粛しようね!」といった中でお相手を誘ったりする時はもちろん。

「大丈夫かな?」とご不安なときや、ちょっと他の方の意見も聞いてみたい、といったときなど是非一度相談をされてみてはいかがでしょうか?

 
また、結婚相談所の皆様におかれましては、

こちらでご紹介した事例。あちこちでお聞きしますので、是非これからのお世話・サポート等の際にご留意いただければと思います!

 
 
仲人・カウンセラーに相談してみては?

JLCA通信(令和2年5月号)を発行しました!

「JLCA通信 5月号」を発行しました!

 
JLCA通信(令和2年5月号)

 
5月号では以下の記事を掲載しております。

1 事例解説 結婚相談所のトラブルと対策 第62回 ~郵送での書面交付の注意点~

2 事例解説へのお問い合わせに回答します

3 新型コロナウイルスによる婚活の悲劇

 
今回の事例解説は、先月号に告知した予定を変えて「郵送での書面交付の注意点」について解説をしております。

皆様から既にいただいたご質問を中心に「これはダメなの?」「なんでこうしなきゃいけないの?」といった点についての回答を中心にご紹介しています。

是非ご一読いただきまして、書面交付の際にはご注意下さい!

 
そして先月の4月号の事例解説「つい言ってしまうこと」の内容につきまして、皆様よりご質問いただいた内容と回答を掲載しております。。

「本当に100%なんだけど、お客様に言ったり、広告に使っちゃマズいの?」

というご質問につきまして、回答とともに広告の際にご注意いただきたい点についても載せさせていただきました。

何でもかんでも「危険性があるのでダメです!」という訳ではありませんで、「こういった点にご注意いただければ問題ありませんよ。」といった解説になっておりますので、こちらも是非お読みになってみて下さい。

 
そして現在新型コロナウイルスによって結婚相談業界に起きた悲劇を掲載しております。

こちらは事業者の皆様との電話などで「うちでこんなことがあったの」と教えていただいた事例をご紹介しております。

こういう時こそ一度仲人・カウンセラーといった相談所の方に相談していただいていれば・・・!と思わずにはいられない悲劇です。

既にあちこちの相談所の方から、ほぼ同じエピソードを伺っておりますので、こちらもこちらもで恐縮ですが・・・お読みいただき、お世話の際には是非ご留意下さい!

引き続き新型コロナウイルスによる感染が広がっております。手洗い・うがいなどしっかりと行っていただき、感染されないようご注意下さい!

 
 
次号も是非ご覧ください!

男性が感じる生きづらさ

昨年11月19日の「国際男性デー」に、一般社団法人 LEAN In Tokyoが公表した調査結果「男性が職場や学校、家庭で感じる生きづらさに関する意識調査」をご紹介します。

 
以下は「男性だから」という理由で生きづらさや不便さを感じたことはありますか?と聞いた結果、「感じる」と回答された方に、更にその具体的な内容を選択式で聞いた結果です。

 
【年代別】男性が感じる「生きづらさ」「不便さ」

 
年代毎にやはり順位が違っていますが、全て年代でランクインしているのが「力仕事や危険な仕事は男の仕事という考え」でした。

もちろん女性に対してはこれの逆バージョンがありまして、調査結果と違うのですが、今年テレビで「女らしさを押し付けないで!」という企画において、「片付けや掃除は女性の仕事と考える人が多い」という意見があります。

今回は男性版を紹介していますが、「男らしさ」「女らしさ」という性別によって求められていることが性別の呪縛として問題視されるようになってきました。

 
また20代と30代では「デートで、男性がお金を多く負担したり女性をリードすべきという風潮」が1位でした。

結婚相談業でも、お見合いのお茶代やパーティーの参加費用の価格差など、以前から「男性が~」という風潮が残っています。

プロポーズなども「当然男性から」「男なんだから!」といったケースが多かったのですが、最近は女性からプロポーズしてご成婚!といったケースが増えてきており、性別によって存在した固定概念は、今徐々にですが変化の途上なのかもしれません。

 
現在も様々な問題・要因が絡み合い、是正が不十分な男女平等ですが【男尊女卑の改善】を軸として、女性の権利を男性と同等にと進めてきた中で、女らしさという価値観が見直されてきた結果、今度は男らしさが、男性への呪縛として浮き上がってきたのかもしれません。

ご覧いただいて、皆様はどのように感じられましたでしょうか。

マル適マークCMS 新規認証発行のお知らせ

安心・安全の結婚相談所の証 マル適マークCMSの認証発行を最終審査する「審査委員会」が3月31日に開催されました。最終審査の結果新たに2事業所に対して認証発行されました!

 
結婚相談所は開業規制がありません。

 
ですので・・・。

 
結婚相談所が守らなければならない主な法律

 
主にこれらの法律を、どの結婚相談所がキチンと守って運営しているか分かりません。

 
消費者の皆さまには
結婚相談所をご利用の際は、厳しい審査を経て、法令順守、確かな本人確認を行っているマル適マークCMSを取得している結婚相談所のご利用を是非ご検討ください!

 
現在マル適マークCMSを取得している結婚相談所はコチラから
マル適マークCMS 認証事業所一覧

 
 
結婚相談所の事業者の皆さまには
マル適マークCMSは、これらの法律をキチンと守っているか審査、そして法律を守った運営に改善し、それを継続していけるようサポートも行っています!

 
各結婚相談所で、それぞれの特色が沢山ありますが、その基本は法律に則った運営がされることが前提です。どのようなサービスであっても法律に違反していていまっては、消費者側の不利益となるだけでなく、行政指導やトラブルを誘発し、「トラブルが多い業界なの?」「利用するのが不安」といった方が増え、結婚相談業全体にも影響してきてしまいます。

 
安心・安全な運営の継続に、マル適マークCMSの取得をご検討下さい。

審査に際しては審査員がご質問やご不安な点について回答させていただく他、改善が必要な点については、なぜその改善が必要なのか、どのように改善すれば良いのか等、丁寧に説明致しますのでご安心下さい!

 
  
興味のある方は、電話でも質問を受け付けていますので、是非お気軽にお問い合わせ下さい。
電 話 : 070-4333-0446

 
マル適マークCMS 審査の流れや内容につきましてはコチラをクリックして下さい。。


 
「マル適マークCMS」の取得申請を希望される事業者様は、以下をクリックして下さい。
マル適マークCMSの取得申請はコチラ

JLCA通信(令和2年4月号)を発行しました!

新型コロナウイルスの感染が拡大しております。くれぐれも気を付けてお過ごしいただき、感染されないようご注意下さい。皆様が健康にお過ごしされることを心よりお祈り申し上げます。

 
「JLCA通信 4月号」を発行しました!

 
JLCA通信(令和2年4月号)

 
4月号では以下の記事を掲載しております。

1 事例解説 結婚相談所のトラブルと対策 第61回 ~つい言ってしまうこと~

2 男性が感じる生きづらさ

 
事例解説は・・・あっさりなタイトルですが「つい言ってしまうこと」です!

不安な会員を励ます為、勇気付ける為、これまでの経験から自信を持って等々・・・。

つい言ってしまったことがトラブルになってしまった事例をご紹介しております。

トラブルだけにとどまらず!違法となってしまう可能性も十分ありますので、是非お読みいただき、今後のお世話・サポートの際にはお気を付け下さい!

 
これまで女性の差別、ハラスメント等々、未だ不十分ながらもこれまで様々な問題提起がなされてきました。

しかし・・・それに伴ってかどうか、女性だけ優遇や対応が改善されて、男性に対してちょっと理不尽なんじゃないの?という声もこの頃聞かれるようになってきています。

今回はそのような視点から「男性が感じる生きづらさ」と題して「男性が職場や学校、家庭で感じる生きづらさに関する意識調査」から、男性がどのようなことで生きづらさを感じているのかご紹介しています。

結婚相談業の場でも「男なんだから!」「男のくせに何言ってんの!」といった声、エピソードを多数聞きます。個人の考え方やお相手がある業界なので非常に難しい点が多々ありますが、こちらも是非お読みいただければと思います。

 
お問い合わせはコチラまで

 
次号も是非ご覧ください!

とちぎ結婚支援センターで結婚サポーター研修を実施しました!

とちぎ結婚支援センターで、結婚支援・お世話に関する知識をマルっと習得いただく結婚支援ベーシック研修を行いました!

 
とちぎ結婚支援センターで結婚支援ベーシック研修を行いました!

 
開所当時から研修のご依頼をいただいているのですが、今回は足利市で新たに結婚支援の受付を開始するとのことで、結婚サポーターの方に向けた、結婚を取り巻く最新の状況や、お世話・カウンセリング等の基礎スキル、そしてトラブル事例と対策について等、限られた時間で盛り沢山の内容をお話しさせていただきました。

 
実際にサポートをされている方にもご参加いただき、「こんな時はどうすれば・・・」、「熱心すぎる親御様が・・・」といった実践から出たご質問も頂戴し、大変充実した研修とさせちただくことが出来ました!

 
現在は未婚化・少子化が加速度的に進んでいますが、その影響が各地の日々の暮らしの中で顕著に表れ始めています。

学校の廃校や歴史ある学校の運動・文化部の廃部。長年続いてきた各地の伝統的なお祭りの中止といったニュースが毎月のように見られるようになりました・・・。

 
しかし、その逆であるそれらに対応する動き。地域のコミュニティを改めて見直す取り組みや、こちらの結婚支援事業の開始などもよく見られるようになっています!

JLCAは現在も最前線で結婚を応援している結婚相談業のノウハウが、各地の結婚支援事業のお役に立てるよう、微力ながら努めてまいりたいと思います。

 
研修や講演についてのお問い合わせなど、以下までお気軽にお問い合わせ下さい!

 
お問い合わせはコチラまで

    
 

JLCA 安心・安全のPRグッズ販売中

JLCAがお届けするJLCA通信

マル適マークCMS取得の結婚相談所 ご紹介サイト!

結婚相談所ってどんなとこなんだろう?

ページトップ